キレイな写真の撮り方のコツとは

写真を撮る時は良くても、実際に出来上がった写真を見るとショックを受ける人も多いのではないでしょうか。昔に比べて最近のカメラはデジタル化されており、写真を撮った時点でどのように撮れているかの確認が出来ますので、とても便利ですよね。しかしながら、その時点で納得していても、いざ現像してみると全く違う印象になっている場合も多々あると思います。それでは、そうならないようにどのような写真の撮り方をすれば良いのかをご案内したいと思います。まず、写真というのはある意味芸術作品です。人によって美しいかどうかは変わってきます。そのため、いくらあなたが綺麗だと思っていても、他の人は違う可能性があるということを覚えておかないといけません。そして、どのように撮りたいかの目標を決める必要があります。例えば、最近では雑誌を見て、「こんな風に撮れるようになりたい」だとか、ブログを見て写真の撮り方を勉強したりマネしてみるのも、かなり上達する手助けになってくれるでしょう。

まず大事なことは、自分自身の中で目的を決めることなのです。何をどのように撮りたいのか。目標はどのようなイメージなのかなどをリストにするだけで、今までとは志も変わりますので、写真の撮り方が全く変わります。練習として、身近なものから始めていけば良いかもしれません。アングルを決めて、写真という一枚の中にどのように被写体を収めたいのかを決めるだけで大きく変わってきます。外に出てみると、本当に色々なものがあります。野花、太陽、人、建物など、自分の好きなものから始めていけば良いのです。写真は、強制ではありません。反対に強制されてしまうと写真は上手に撮ることが出来ないでしょう。自分の好きなように好きなものを撮ることによって、今後の基盤になるのです。最初は誰しも完璧に写真を撮ることは出来ません。これは誰しも同じことなのです。そのため、自分の中で納得のいくように工夫してみれば良いのです。更に、写真を撮るだけのために遠出をすることもおすすめ出来ますが、近場でも十分良い写真は撮れるのです。肝心なのは、無理せずに続けることです。遠出をしてしまうと、「写真を撮る」ということはかなりの大がかりなものになってしまいます。そうなってしまうと、写真は負担になる可能性があるので、最初は近場で撮ってみても面白いと思うのです。

⇒キレイに撮った写真の整理に

このページの先頭へ

BOOKMARK

このページの先頭へ